Webアナリティクス業務をアウトソース。

国内有数のWeb解析実績
Adobe・Googleの両ツール完全対応
ニーズに合わせた柔軟サポート

Descサービス内容

Descは、Webアナリティクス業務の「サポートデスク」サービスです。

社内になかなか人材を抱えることが難しいWebアナリティクス業務をアウトソースすることで、
コストを抑えて最高レベルのアクセス解析リソースを得ることができます。

また、Webアナリティクス業務は完全に業務を定型化することは難しく、課題もお客様によって様々です。
Descはお客様ごとにヒアリングを行い、お客様ごとに最適なサポートプランと料金をご提案し、御見積いたします。

基本オペーレーションサポート、簡易的なデータ摘出、アクセス解析ツールの設定業務等、サービス内容の項目

以上の項目ごとに対応時間を策定し、お客様にとって最適なプランをご提案致します。

お客様の事例

定常的に業務があるわけではないが、突発的な依頼に対応できる体制を整えたい。場合の事例等
ニーズによって最適なプランをご提案します。

Webアナリティクスで、企業が抱える悩み

弊社では、多くの企業のWebアナリティクス業務のアウトソースを請け負っています。
多くのお客様とのお取引の中で、多くの企業がアナリティクス業務について
大きく2つの課題に直面していると感じています。

課題1、育成→退職のサイクル

Webアナリティクス業務には、高いレベルの専門知識と経験が問われるため習得に時間がかかり、短期的な育成が困難です。
データ分析の市場ニーズは急激に高まっていますが、その勢いに人材の育成が追い付いていない状況です。

このような背景もあり、現在は市場にWebアナリティクスの人材が枯渇しています。
そして、枯渇しているが故に転職市場で人気があり、「育つと退職してしまう」というサイクルが市場全体で起きています。

育成には多くの費用と時間がかかる一方で、退職リスクが高い人材。
この観点で、Webアナリティクス業務をアウトソースした方がリスクが低い、とご判断される企業が多いように思います。

課題2、高額な常駐、コンサルサービス

Webアナリティクス人材の不足により、自ずとアナリティクスサービスの価格も高額になりがちです。
常駐型サービスでは、人を複数名も雇用できるような費用になることもあるようです。
また、コンサルサービスでは、安くない月額を支払いながらも、「月○回までの質問」「○○時間以内の対応」といった明確な線引きで、融通の利いたサービス提供を受けられないケースも多いようです。

このようにアウトソースの意志があっても、予算と合わずに実現ができていない企業も多いようです。
その結果、アナリティクス業務が社内で満足にできていない企業が多いと感じています。

矢印

サードパーティートラストの強み

このような市場背景の中、弊社のサービスは以下の強みをもって、お客様の課題を解決します。

1.解析専門会社としての、確かな経験

弊社はWEB解析"専門"会社として5年目。作成したレポートは2,000件以上。
WEB解析の黎明期からの経験8年のプロフェッショナルが確かな知見でサポートします。

2.業務効率化による適正価格

解析専門会社としての豊富な経験から、弊社ではあらゆる解析業務を効率化しています。
その結果、市場の相場感よりも抑えられた価格でのサービスの提供が可能です。

解析は、その行為が直接的に利益を生む活動ではありません。
そのため「いかに効率化するか」は、アナリティクス業務において大切なことです。

すでに効率化が完了している弊社にご依頼を頂くことで、自社で行うよりも低い相場感で有益なデータを手にすることができます。

3.Adobe,Googleの両対応

弊社はGoogleAnalyticsだけでなく、AdobeAnalytics及びAd Hoc Analysis等Adobe関連製品についても、
高いレベルでのサポートが可能です。
データ抽出から、そのデータを取得するためにはどのような設定が必要か、等。
幅広い範囲で課題解決のお手伝いを致します。

Adobe、Google以外でも、解析ツールであれば基本的にすべて対応可能です。

4.ニーズに合わせた柔軟サポート

市場の多くの解析サポート契約では、「月○時間以内」「質問○回」「○営業日以内の対応」といった、明確に基準が引かれがちです。
しかし、多くの企業においてデータ分析は日常業務レベルで必要となっており、どうしても急を要する場合や、イレギュラーな要求をお願いしたくなるシーンは避けられません。

弊社では、「お客様が最終的に有益なデータを得られること」をサービス提供の目的にしており、その目的のために可能な限り柔軟にサポートを致します。
厳格なルールによって、有益なデータを得られる機会を逃させてしまうことは致しません。

5.マーケティング視点

データ活用の目的は、マーケティング活動において成功をすることです。
技術的な知識や能力が優れた解析の人材がいても、マーケティング視点でデータを扱えなければ、その価値は半減してしまいます。

弊社では、マーケティング視点でのデータを扱うことに長けており、「どのようなデータに注目するべきか」「そもそもマーケティングに活用できるデータなのか」など、マーケティング視点でのサポートを致します。

6.人間

仕事をする上で、能力以上に大切とも考えているのが、コミュニケーションです。
いくら優れた能力があったとしても、コミュニケーションに障害があると、優れた成果物を出すことはできません。

弊社は、常のお客様の立場で考え、コミュニケーション面において円滑に取組みが進められるよう、気持ちを込めた対応を徹底するよう、心がけております。

一見、無機質なアナリティクス業務ですが、対応する人間によっても業務の質は大きく違います。

GAIQ取得者100%。だから…

当社は、GoogleAnalyticsの認定資格「GAIQ」を全てのスタッフが取得しています。
しかし、「GAIQ」の試験は高い専門性を求められるものではなく、決して難しい資格ではありません。
当社は、この資格を有することと、サービスのクオリティは必ずしも比例しないと考えています。
Web解析サービスで重要な素養は、「Web解析の深い理解」「マーケティング視点」「柔軟な対応」と考えます。
そして、対応する「人間」も重要です。
当社は、お客様が最も効率的に解析データをビジネスにご活用頂くため、上記を重視したサービスを提供しております。
ぜひ、一度ご挨拶をさせて頂き、ご確認頂けますと幸いです。

お問合せはこちら

このようなお客様が向いています。

WEBアナリティクス業務は、内製化することが最も好ましいことは間違いありません。
しかし、多くの代理店様、WEB制作会社様の社内で、以下のような現実があるように思います。

人材の入れ替わりが激しく、ご多忙で内製が難しい...→細かい作業を外に出すことで、社内リソースに負荷をかけることなく解析サービスを顧客に提供することが可能になります。
クライアントから解析を求められるが、制作で手一杯で解析の知見が溜まらない…→初期設定からレポート、日々の運用業務をサポートし、クライアントの満足度が向上します。
専任を雇うほどではないが、日々抽出したいデータの見方も分からない…→メール1つで、必要なデータが必要なタイミングにお手元に届く体制が整います。

対応解析ツール

・AdobeAnalytics ・GoogleAnalytics ・WebAntenna
・FacebookAnalytics ・TwitterAnalytics ・YouTubeAnalytics
etc…

その他、基本的な解析ツールの対応は可能です。

その他サービス

サードパーティートラストについて

「CLAY」及び「TrustMonitor」は、当社のアクセス解析サービスの一部分に過ぎません。
当社では、解析データを使用した高度な報告会(プレゼン)資料から、日々のオペレーションレベルのデータ抽出。
アクセス解析ツールの導入支援まで、アクセス解析・レポーティングに軸足を置いたサービス全般を行っています。
解析周りでお困りのことがございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

会社名
株式会社サードパーティートラスト
3rdPartyTrust, Inc.

所在地
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-9-16 ITO広尾ビル6F

資本金
1,000万円

設立
2011年7月7日

事業内容
アクセス解析事業
オンラインビジネス支援事業
インターネットメディア事業

代表取締役
上村 謙輔

Webサイト
http://www.3pt.co.jp/

電話・FAX
TEL 03-6311-8702
FAX 03-6740-7089