何故、GoogleAnalyticsなのか。

毎月の解析、できていますか?
この質問に「YES」と答えられた方は、もしかすると有償ツールの方がいいかもしれません。 しかし、「NO」という答えの方も多くは、まずはGoogleアナリティクスをお勧めします。

Googleアナリティクスを勧める理由

弊社では、「解析ツールはどれがいいでしょう?」といったお客様に対しては、まずGoogleアナリティクスをお勧めしています。 その理由は、無償であることと、有償解析ツールと比較しても十分に高機能であるためです。 もちろん、SiteCatalystやVisionalistをはじめとした有償の解析ツールは、とても高機能です。 しかし、多くの場合でその高機能を使いこなせずに、Googleアナリティクスで十分なデータだけを見ていたり、ログインもせずに「導入しているだけ」の企業も多いのが現状です。

解析ツールを導入する目的とは?

解析ツールは、何を目的として導入するのでしょうか。 それは、WEBサイトに訪問してくるユーザーの動きを可視化し、そのデータから傾向や特徴を読み取り、課題を発見してWEBサイトを改善し、結果的に利益を増やすために導入するのです。 当然ではありますが、解析ツールを導入することが目的ではありません。

コストをかけるべき優先順位

解析ツールの料金は、ページビューが少ないWEBサイトでも月額5万円くらいの料金がかかります。 解析ツールの性質上、長期間を前提として契約をしますので、長期的には決して安くはないコストです。 その結果、活用できなかっただけで終わってしまっては、あまりに勿体ありません。 解析ツールは、データを集計するための道具ですが、そのデータは使って初めて価値があるものです。 有償の解析ツールが「より良い情報」を集計してくれるとしても、結果的に「データを使うこと」だけが重要なのです。 つまり、活用に不安があるのであれば、「道具」よりも「業務」の方に優先してコストを使うべきと考えています。

解析ツールを選ぶステップ

以上のことから、最初の段階では「解析をすること」だけが一番大事だと考えております。 従って、「どのツールが良いか」といった目的が明確ではない段階のお客様にはGoogleアナリティクスをお勧めし、まず運用することをご提案しています。 有償解析ツールを導入するべきか否かは、運用経験と共に自ずと見えてきます。
お問合せ・ご相談