解析で見るべきポイント

解析ツールには、非常に多くのレポートがあります。 そのため、色々なレポートに気が行ってしまったり、どれを見たらいいのか分からない、といった悩みを多く聞きます。 そうならないよう、「何を分析したいのか」についてきちんと情報を整理して、目的を持って分析することが重要です。

大目標:成果

企業がWEBサイトを運営している以上、必ず達成するべき目的があります。 それが、コンバージョンです。 WEB分析に於いて、まず最初に見なくてはならないことは、やはり成果についてです。 解析ツールでは、必ずこの利益に直結する成果地点をコンバージョンに設定して目標達成度合いを観察することが重要です。

まず見るべきポイント

解析ツールのデータは、大きく3つあります。 それは、 「どうやってお店に来たのか」を示す集客のデータ。 「どうやって成果につながったのか」を示す積極のデータ。 「どんな人が来店しているのか」を示す顧客属性のデータです。 これらをそれぞれ分析を行い、課題を修正していくことで、WEBサイトのパフォーマンスを改善していくことができます。 但し、まず見るべきは「集客」と「接客」のデータです。 多くの場合で、この2つの視点からでWEBサイトの課題を発見し、改善に繋げることができます。 顧客属性は、カスタム設定が必要になる場合があるなど、ある程度踏み込んだ解析が必要になります。 一度にすべての要素を改善することは不可能なので、まずは「集客」と「接客」のデータを観察することから始めましょう。

現状の把握 ~見るべきデータは量と質

WEB解析を行うにあたり、まず必要なのが現状を把握することです。 そのため解析データを観察していく必要があるのですが、今見ているデータが何を示すデータなのかを意識することは重要です。 WEBサイトを改善するために必要なことはシンプルです。 それは「どれだけ多くの訪問者を呼びこみ」「どれだけ高い確率で顧客にするか」です。 つまり、「量」と「質」の現状を把握することが最初のステップです。 WEB解析のデータは必ずこの「量」か「質」のいずれかのデータです。 ページビューや訪問、コンバージョンといった指標は「量」のデータです。 直帰率や平均PV数、コンバージョン率といった指標は「質」を測るデータです。 今自分が見ているデータを明確にして、現状を把握しましょう。

傾向の察知(トレンド)

現状を把握するだけでは、現状の良し悪しを判断することはできません。 数値は改善に向かっているのか、減少しているのか。 過去と比べることで、現在の健康度を把握することが必要です。 時系列で数値の動きを観察することで、施策の評価やリスクの察知が可能になります。 WEBサイトの流入状況は短期間で大きく変わります。 毎月数値を追っかけていくことで、「いつの間にかサイトの流入が半分になっていた」といったことがないようにしましょう。 一般的には前月比・前年同月比や過去2年間の推移を観察します。 そうすることで、課題発見→改善のサイクルが加速し、より早くWEBサイトを成長させることができるようになります。

要因の特定(セグメント)

サイト全体で悪化傾向にあった場合、それでは具体的にどこが原因かを特定することは重要です。 しかし、サイト全体のデータのデータを眺めているだけでは、原因は一向に特定できません。 要因の特定のためには「集客」や「積極」の要素を分解し、それぞれの数値を細かく見ていくことが必要です。 集客にしても検索エンジン、参照サイト、どこが原因なのか。 接客にしても、客を逃がしているページはどこなのか。 また、検索エンジンといってもサイトを指名して来る指名キーワードと、その他のキーワードでは全く意図が異なります。 キーワード別でどうか、サイト別でどうかというように、データをセグメントして分析していくことが要因分析には重要です。
以上のようなステップで解析を行うことで、WEBサイトを健康な状態に保ち、継続的な成長をしていいくことができます。 ライバルサイトと差をつけるためにも、定期的な分析を行いましょう。
お問合せ・ご相談