アクセス解析は毎月行うべきか?

WEB解析は、慣れていないとツールの使い方から覚えることになり、かなりの時間がかかってしまいます。 そのため、多くの企業でなかなか定期的に実施されていない傾向にあります。 「WEB分析は、どれくらいの頻度でするべきでしょうか」 このようなご質問と触れる機会も多くあります。 この質問には、基本的に「毎月」というのが弊社の回答です。

毎月分析を行う意味

分析を毎月行うことの意味としては、WEBサイトの異常値を早い段階で察知することが目的です。 WEBの世界は、目まぐるしく動く変化の激しい世界です。 例えば検索エンジンなどでは、ある日突然集客が激減するといったことも珍しくありません。 課題があることに気付かないまま得られたはずの利益を失い続けていては、継続的な成長は難しくなってきます。 また、毎月きちんと観察し、改善と続けている競合社があった場合、気付かぬうちに大きな差がついてしまいます。 WEBサイトは、極めて低コストで時と場所を選ばず消費者と接触することができる、企業にとっては欠かせない集客チャネルです。 企業としては、支店または一つの部署のような扱いで考えなくてはなりません。 毎月、数値に落としこんで評価をしない支店・部署がないように、WEBサイトを成長させたいのであれば、きちんと毎月評価をする必要があります。

モニタリングと要因分析

但し、分析といっても毎月深く踏み込んだレポートを作成する必要はありません。 分析には、大きく2つあります。 1つが、毎月決まったデータを観測して、変化を察知することを目的とするモニタリング。 もう1つが、施策の評価や察知した異常値の要因を突き止めるための要因分析です。 このうち、毎月行うべきなのは前者のモニタリングです。 スポットでの分析は、何かしらの課題があったときのみ、都度行えば最初の段階は問題ありません。 まずは「気付いたら悪化していた」といったことがないように、WEBサイト観察することから始めましょう。
お問合せ・ご相談