正規表現

せいきひょうげん -regular expression

正規表現とは、主に文字列の検索や置換を行う際に利用する文字の表記方法です。 膨大なテキスト情報の中から確実に特定のデータを抽出したいときなど、完全一致や部分一致検索で不十分な場合に利用します。 通常の文字列に加えて、「^」「.」「+」といったメタキャラクタと呼ばれる文字を組み合わせて表記します。 (「^」は行」、「.」は、任意の1文字、「+」は、直前の要素の1回以上の繰り返しを意味します) 元々はUNIX系のOS等で使われていた表記法でしたが、最近ではテキストエディタを始め多くのソフトウェアで実装されています。 Googleアナリティクスでも、レポートからのソートや目標ページの設定などで正規表現を使用することができます。