パケットキャプチャー型

ぱけっときゃぷちゃーがた - packet capture

アクセス解析ツールの仕様の中で、大きく3つのタイプのうちの1つです。 クライアントとWEBサーバの間に、解析用のサーバを置いてアクセス情報をコピーすることで集計する方式です。 特性としては、直接トラフィック情報を測定するためリアルタイム性に優れており、生ログデータも保存されるため詳細なより分析が可能となることです。 但し、解析用のサーバを用意する必要があるため、初期費用が他の形式に比べて高くなる傾向があります。 また、サーバログ型と同様に自社ネットワーク内で完結するため、セキュリティ上データを外部に出せない場合に適しています。 主要なアクセス解析ツールとして、「RT Metrics」があります。