P3P

ぴーすりーぴー - Platform for Privacy Preferences

Platform for Privacy Preferencesの略称です。 WEBサイトを通して運営者とユーザーが個人情報をやり取りをするための技術仕様を指します。 2002年4月にWEB標準化団体のW3Cにて標準化されています。 具体的には、ユーザーがインターネット上の取引をする上で、どの程度相手に個人情報を提供するかをコントロールすることができるための技術です。 多くのWEBサイトにはプライバシーポリシーのページが用意されていますが、多くのユーザーはそこに目を通すことを煩わしいと感じて読みません。 そこで、ユーザー側のソフトウェアに予め個人情報の公開基準を設定しておくことで、ソフトウェアが自動的に公開するべき情報かを判断してくれます。 しかし、P3PはIEを始めとしたブラウザに対応しておりますが、実際問題ユーザー自身が設定をする必要があるため、一般的に普及しているかと問われれば疑問が残ります。