LTV(顧客生涯価値)

えるてぃーぶい - こきゃくしょうがいかち

life time valueの略で、一人の顧客が生涯でいくらの利益を生むかを表す指標です。 解析をする上での多くの指標は、「その時の」取引だけにスポットを当てたものです。 しかし、実際はその取引を行った後にもリピートやアップセル等で、多くの場合利益を得る可能性があります。 短期的な良し悪しだけで判断をしてしまうと、戦術の幅が狭まり長期的な成長が難しくなります。 LVTの長期的な考え方を持つことで、適正な費用対効果の判断が可能になります。 例えば、「平均単価×平均リピート回数」といった式などで、自社なりのLTVを把握することが大切です。