データマイニング

でーたまいにんぐ - data mining

大量のデータの中から、データ解析の技法を使用して通常では気付くことのできない知識を抽出するための技術を指します。 主に購買履歴などから、データごとの相関性やパターンを導き出し、ビジネスに活用することを目的とします。 技術の発展に伴い、流通業界をはじめ多くの情報を保有する業界で注目されてきています。 データマイニングの有名な事例として「紙おむつを買う人はビールを買う傾向がある」という話があります。 これは、スーパーマーケットの膨大な購買履歴の中から商品ごとの相関性を抽出した結果で、「紙おむつを買う人は男性が多く、そのためビールをついで買いする」傾向が現れたものです。 これまで気づいていなかった紙おむつを購入する客層が見え、ニーズを横展開させて陳列に活かすことで売上の向上につながったといいます。