ASP

えーえすぴー - Application Service Provider

Application Service Providerの略で、アプリケーションをインターネットを通じて提供する事業者を指します。 事業者ではなく、「ASP型」といったサービスの提供方式といった意味で使われることもあります。 インターネットの高速化に伴い、ローカルアクセスとオンラインアクセスの体感速度に差が縮まってきたことからASPサービスが急速に普及しました。 これまで、多くのアプリケーションはローカルの端末個々にインストールをする必要があり、企業にとってアップグレードなどの管理が煩雑になってしまう問題がありました。 これを事業者側のサーバにアプリケーションをインストールし、ユーザーがインターネットを通じてアクセスをしてアプリケーションを提供する方式にすることで、煩雑な管理業務を省くことができました。 これにより、ユーザーは同様のサービスを「安く」「簡単」に導入ができるようになり、多くのアプリケーションで主流となってきているモデルです。 ASPよりも一歩進んだ意味を持つ言葉として、SaaS(Software as a Service)があります。 ASPがユーザーごとに環境を構築しているのに対し、SaaSは1つの環境を複数ユーザーで共有しています。 そのため、事業者側の管理コストが大幅に削減され、より安く、より細分化したサービス提供が可能になっています。 しかし、具体的な定義があるわけでもなく、一般的にASPとSaaSという言葉は混合して使われており、この意味の違いを議論をする必要はありません。