API

えーぴーあい - Application Program Interface

Application Program Interfaceの略で、あるアプリケーションが外部のアプリケーションから簡単に利用できるようにするための技術の集合体を指します。 あるアプリケーションを開発したいと思った場合、0から全てのプログラムを書いていては途方もない作業時間がかかってしまいます。 そこで、プログラムの開発を効率化するため、標準化された技術をひとまとめにして提供することで、技術者は全てのコーディングを行う必要がなくなります。 例えば、あるOS上で動作するソフトウェアを開発しようとした場合、APIがないと「ウィンドウを立ち上げる」といった動作のプログラムも開発しなければなりません。 しかし、現状はOS側が「ウィンドウを立ち上げる」といった動作のAPIを用意しているため、技術者はこのコーディングをする必要がなくソフトウェアの開発に集中できます。 APIは主に、ある市場のインフラとなるサービスを提供する企業が積極的に公開をしています。 例えば、GoogleアナリティクスやGoogleAdWordsもAPIを公開しており、レポーティングシステムやビッドツールなどなどサードパーティーがサービスを開発しやすい環境を整えています。 それは、そのサービス周りの開発が進むことで、よりサービスの利便性が高まり、インフラ自体が活性化して利用者が増え、結果的に利益に繋がるからです。