アクセス解析

あくせすかいせき - analysis

WEBサイトに訪れるユーザーの特性や傾向、環境を調査するための行為を指します。 アクセス解析を行うためには、アクセス解析ツールと呼ばれるシステムをWEBサイト・またはサーバに導入をする必要があります。 主に、htmlタグを設置する「WEBビーコン型」、クライアントとサーバの間で通信情報をコピーして専用サーバに保存する「パケットキャプチャー型」、サーバに保存されるアクセスログを元に集計する「サーバログ型」の3種類があります。 導入の手軽さやコストの面で、WEBビーコン型のアクセス解析ツールが最も普及しています。 アクセス解析は、当初はWEBサイトに訪れたユーザーの数をカウントするシンプルなものでしたが、技術の進歩と企業のオンラインビジネスが活発になったことにより、その通信情報をマーケティングデータとして活用したいというニーズが強く、近年多くの企業で重要視されてきています。 コンビニなどに導入されているPOSシステムは、飽くまで「買った人」の情報しか集計できませんが、アクセス解析は「買わなかった人」の分析ができることが大きな特長です。