新着情報What's New

サイト内組込み型アンケートツール『VoicePocket』の提供を開始

2016-02-24

VoicePocketロゴ

株式会社サードパーティートラスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:上村謙輔、以下 当社)は、サイト内でユーザーに対してアンケートを募ることができるツール『VoicePocket(ボイスポケット)』を、2016年2月25日に提供開始いたします。

http://www.voicepocket.net

■市場の背景

企業がWEBサイト上の行動データをマーケティング活動に利用することが一般的になり、多くの企業がWEB解析データの収集を行っています。
しかしWEB解析で得られるデータは、「どこから来て」「どこを見た」といった行動履歴に限られ、ユーザーが「どんな立場の人間か」「サイトの利便性についてどんな感想を持つのか」など、“気持ち”までを集計することはできません。
そのような背景から、マーケティング活動にダイレクトに行かせる“消費者の声”のデータを集計するためのアンケートツール市場も盛り上がりを見せてきましたが、サイト外部にアンケートを設置する仕様であるため、アンケートを受けていただくための集客にもコストがかかるといった課題がありました。

当社では、わざわざWEBサイトの外にアンケートを構築して新たに集客をせずとも、日々トラフィックが集まるWEBサイトのユーザーに注目しました。WEBサイト内にユーザーの声を集計できる機能を設置することで、単に「閲覧→離脱」を行っていただけの1セッションの潜在価値を最大化することができると考え、『VoicePocket』を開発しました。

■『VoicePocket』の特長

<サイト内にタグを設置するだけでアンケートの実装可能>
『VoicePocket』は、サイト内にタグを設置するだけで、簡単にアンケート機能を実装することのできるASPサービスです。ブラウザ上でのアンケート作成からタグの発行までを行うことができるため、誰でも簡単に導入することができます。

アンケートの表示は、ユーザービリティを最大限損なわないよう設計されています。「閲覧ページ数」や「累計訪問回数」「特定ページの閲覧」など、出現条件を詳細に設定できるため、狙ったターゲットだけにアンケートを募ることができ、煩わしさを与えてしまうような不要なインプレションを抑えることができます。
デザインもサイトのイメージを崩さないよう、ニュートラル且つシンプルなデザインとしています。

アンケートの表示形式は大きく2種類ご用意しております。
解答数よりもユーザービリティを優先したい場合は、解答が任意の「ウィンドウ型」。反対にユーザービリティを多少損なわせても回答数を集めたい場合は、強制回答を求める「スクリーン型」があります。お客様の様々なニーズに対応することができるよう、設計しております。

<Google Analyticsと連携>
『VoicePocket』で収集するデータは、Google Analyticsのイベントトラッキングデータとして集計されます。
そのため、「他社商品を利用しているユーザー」の閲覧傾向や、教育系サービスサイトにて「保護者」に限定した閲覧傾向など、アンケート回答内容を条件として、WEB解析データを見ることが可能になります。
解析データとユーザーの声を結びつけることができる点も、サイト内組込み型のアンケートツールの強みです。

以上のように、『VoicePocket』は日々発生しているサイトへのアクセスの価値を最大化し、サイトを運営しながらユーザーの声を集めることが可能になります。
より多くの企業が、効率的に、“消費者の声”を収集してマーケティング施策へと活用し、結果的に消費者にとってより良いサービスが生まれることを目的として、今後も展開をして参ります。